Webライター・デビューまでのいきさつ

これは、私がWebライターとしてデビューするに至るまでのいきさつです。デビューする前のたったの「5日間」と「それまでの経緯」をお伝えします。

長いので、読みたいところだけお読みくだされば嬉しく思います。

【10月28日】ハブ式との出会い

きっかけは、Twitterから発見した、SEOライティングのメソッド「ハブ式」との出会いでした。

なにこれ??・・・はっきり言って、なにやら怪しげな画面ではないですか。これ。

 

「読者にも検索エンジンにも好かれる記事を

スラスラ書けるようになりたい!

でも、何をどう書けばいいのかわからず手が止まる…」

SEOに特化した現役Webライターが生み出した

穴埋め式リサーチ4つの型で記事を作る

実践的SEOライティングメソッド

ハブ式

システマチックSEOライティング

(略して、ハブ式)

 

ああたぶん、これは・・TwitterなどのSNSで良くある「詐欺的な」なにかですね。

最初はそう思ったんです。そんな匂いがしませんか。

 

でもですね。

私はすごく「SEOライティング」という言葉を欲していました。

務めていた事務職を辞めた私は、本気で稼げる仕事を探していました。

 

Webライターになりたいと模索した時期

もう少し、時間をさかのぼりますね。

(ちょっと長いので読めないという方は、飛ばしてくださいね)

2020年9月中旬、私は前職を辞めました。

最初に、私が探していたのはこんなキーワードです。

「在宅」「パソコン」「Webの仕事」「書くことが好き」「誰かの役に立てる仕事がしたい」「やりがいが欲しい」「扶養の範囲で働く」「月10万程度の収入が見込める」

1年半ほど前にブログ運営を開始していて、アドセンスも取得しましたが、中身は「日記ブログ」でした。収益化は見込めず、仕事の忙しさもあって、途中でやめてしまっていました。

 

 

でもそのうちに事務の仕事を辞めることになり、いろんな理由から在宅ワークを探していきました。そこで出会ったキーワードが「Webライター」でした。

まずは、文章力とSEOに関する本を買いました。でも、なかなか読めませんでした。

Webライターを目指そう!そう思った時点で、仕事用のTwitterアカウントを作っていました。それは情報収集に役に立ち、多くのWebライターさんたちのツイートを見るようになりました。

さまざま調べてみると、「Webライターになるにはスキルは必要ないみたいだが、未経験の場合はポートフォリオとなるものが必要だ」ということが分かってきました。

そこで、ブログにもう一度着手します。ブログ運営で有名な方の動画をいくつも見たり、ブログのサロンに入りました。サロンで分かったことは、私の運営しているブログはその分野で収益化をするには難易度が高すぎるということでした。

文章力とSEOの知識が必要。加えてポートフォリオになるブログが必要。そう思って、やれることを探してはやり、という日々を送っていました。特には、ポートフォリオを作るんだ!と、ブログを頑張る日々を過ごしていました。

 

 

文章力はなんとなくわかりますが。

SEOとは何か?はい、「検索エンジン最適化」ですね。「Googleで検索して上位にあがること」らしいですよね。でも一体どうやってそれを実現させるのでしょうか。

クラウドソーシングには登録してみました。プロフィールなどの書き方も調べながら書きました。しかし、私はそれ以上は前に進めないまま過ごしていたのです。

 

ここで、2020年10月28日まで時間を早送りします。

【10月28日】ななこさんとの出会い

Twitterから見つけた「ハブ式」の怪しげな文字が頭から離れません。一見、怪しげに見えたけれど、「SEOライティング」という文字が気になるので、この広告が言うものの価格を先に見ました。スクロールしまくりです。

 

ずっとずーっと下の方に、書かれていた価格は・・

 

29,800円

 

えーと。これはなんですか。お安くないでしょうか。

私はてっきり「30万」とかって思っていましたよ。

ここで、これはWebライターのためのSEOライティングメソッド(教材)だということを知ります。

この広告ページを上から良く読みました。なんと良い教材でしょう!!と思ったのですが、ここで、一旦私は「広告効果に騙されているのかもしれない」と思いました。

29,800円といえど、騙されたりしたらたまりません。「誰かしっかりとした人に聞かないと恐い。」そう思ったのです。

 

 

そこで、Twitterから発見したこのページを逆にたどっていくと、Webライターのななこさんのメルマガに行き着きました。

速攻でななこさんのメルマガに登録して、メルマガを読みました。ななこさんという方の信頼性と丁寧さがよくわかる内容のメルマガでした。

メルマガには、ななこさんが「ご相談はメールまで」と書いてありました。

思い切って、ななこさんにメールを書き送ったのです。

そのメール内容はここに書いた内容とほぼ同じなので、ここでは割愛しますが。

 

夜でした。

間もなくメールの返信が来ました。ななこさんが、私の立場に立って考えてくださってのお返事でした。そこには、思いやりに満ちた言葉の数々があふれていました。涙を流しながら読みました。

 

 

「ハブ式」をすぐに買ってくださいとは書かれていませんでした。Webライターになる方法が丁寧に書かれていました。そして、Webライターで稼いだら「ハブ式」を買ってはどうか?という提案をしてくださいました。

 

それならばです。私の選択肢はもう決まりました。

 

この瞬間、私は最初から「ハブ式」でSEOライティングを学んで、Webライターとして働こうと決意したのです。

 

【10月29日】ハブ式を購入

朝になるのを待って、ハブ式を購入しました。

ワクワクしながら、すぐにハブ式の学習を始めました。

それはどんどん進めていける内容で、楽しく興味深いものでした。

 

第1講、第2講、第3講と学習を進めると、そこで何らかのアウトプットをしようという最初の課題にぶちあたります。

 

そこで、私はブログ記事のリライトを始めようと思いました。

 

 

【10月30日からの経緯】

1、ブログのリライトにチャレンジする

ブログ記事のリライトをと意気込みました。しかし、初めてみると大変なことがわかります。

第1講から第3講まで学習を進めた中で、私はすっかりSEOライティングの基礎の基礎を学んだようです。

つい先日仕上げたばかりの最新のブログ記事が、なんとまあ、めちゃめちゃで手のつけようもないものだということが自分で分かったのです。

 

そうです。「ハブ式」を通して、自分で自分の記事の良し悪しをもう見極めることができる力を得たようでした。

これには自分でも驚きました。

 

2、クラウドワークスに応募する

一方で、ななこさんに相談しながらクラウドワークスで案件を探して応募しました。

初めてのことに流れがよくわかりませんでしたが、わからないところは、ななこさんに聞いて始めました。

「初心者」「未経験」と案件を探し、更に私は「文字単価0.5円」という絞り込みをしました。全部で5件の案件に応募しました。

 

ななこさんからのアドバイス

  1. 文字単価 0.5円以下の案件を安易に受けると、それが自分の履歴になってしまうので、時間がかかっても良く案件を見極めてください。
  2. Twitterには「れい@Webライター目指す」とありますが、もうWebライターとして仕事を探しているので、「目指す」は取り外しましょう。

 

こうして私は5件の応募から、1件の案件を獲得したのです。

 

ここまでが2020年10月の出来事でした。いよいよその翌月、11月からWebライターの仕事を始めることになりました。

「ハブ式」とは

ハブ式 システマチックSEOライティングメソッド

という、Webライターのための教材のことです

引用元:ハブ式 システマチックSEOライティングメソッド