Webライター

Webライター(デビュー)26日目【苦手なジャンルの記事執筆】

Webライター26日目:11月27日(金)

目標:半年間(180日間)で「月収10万円達成」する!!

期日(2021年4月30日)まで、あと154日!!

昨日の収入:2,321(税・仲介料抜き)

今月の合計収入:8,321円(税・仲介料抜き)

*****
タスク
12月10日までに「ココナラ・ブロンズランク」になる!
昨日までの実績:レギュラーランク(3件済み)

 

昨日は収入がありました!!

網羅性を高くしていくと文字数オーバーとなってしまいました。

今回はサービスでもいいから、納得いくものを書こうと決めていましたが。

その結果、クライアントさんから高評価をいただき、

さらには文字数オーバーした分までお支払いいただきました!!

ありがとうございました!!

 

 

マインドマップから記事執筆

マインドマップを作成→執筆という手順で執筆を進めていきました。

執筆をひととおり終えて、コピペチャックをしてみると、

なんと危ない数字・・・53%と。

これはいけません。

 

理由はわかっているのです。自分の中に情報を落とし込めていないからです。

再度修正してから再度コピペチェックで32%。良しとします。

 

 

苦手なジャンルでの執筆に際して

今回の案件は執筆まで終えたところで、どうも納得いく出来ではないことに意識がいきます。

それは、苦手なジャンルの記事だったため、情報を落としきれてないためです。

リサーチが思うように進まない。読んでは蓋をして、読みたくない・・。

このジャンルは社会問題に深く関係した重くずっしりとしたもの。

誰かがやらなければならない社会的意義のあるもの。

でもそれだけに過酷な現実があり、記事内容に目をそむけたくなるような事実が書かれているのです。

 

 

そのようなジャンルだからこそ、書き手が少ないのかもしれません。クライアントさんもとても親切丁寧です。できれば継続したいとのご希望もあります。

そんなジャンルだからこそ、書き手が少ないならば私はそこに寄り添い受けたいと考えましたが。

私には書き続けられる自信はなくなっていまいした。

 

情報を集めて、網羅性を高くまとめたのはそうですが。どうも自分自身で精一杯書いたものではありつつも、どこか上辺だけのうすっぺらい中身になっている気がしてなりません。

 

 

明日納品予定です。クライアントさんには正直にそのように伝えようと思います。

さまざまな案件があるのだと思い知りました。

クライアントさんに丁寧に寄り添いたくても、できないものもあるのかもしれません。

 

ココナラで商品販売をしている形式の私は、いただくKWには規約に反したりしない限りは、何でも受けようという心構えでおりました。

でも考えさせられる案件でした。

これを読む皆さんはどう思われ、何を考えるでしょうか。

 

私が学んでいるSEOライティングの教材はこちら↓

「ハブ式」とは

ハブ式 システマチックSEOライティングメソッド

という、SEOライティングを学ぶ教材のことです

引用元:ハブ式 システマチックSEOライティングメソッド